<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">

Crema Coffee -Cafe Crema-

Coffee

クレマコーヒーのコーヒー

高品質のコーヒーとは

コーヒーは世界各国の生産地で様々な品種が育てられており、生産された環境によって多種多様な風味特性を持ちます。遠く離れた生産地から私たちの口元に届くまでに、品質に影響する要因として収穫後の精製過程や乾燥工程、日本への運搬、保管などによっても品質は変化します。しかしそれはコーヒーが生鮮食品である証拠で、私たち自家焙煎コーヒーショップは品質管理に注意をする必要があります。

高品質=美味しいコーヒー
であることが理想で、素材は嘘をつかないというのが持論です。

カップ・オブ・エクセレンス入賞ロットやスペシャルティコーヒーは特に品質が重要で、ニュークロップ(日本のお米でいう新米)を使うのはもちろん、焙煎の過程で品質を落とさないように細心の注意を払います。せっかくの素材を焙煎でダメにしてしまうこともあるのです...。

私たちの思う「高品質のコーヒー」とは、そのオリジンの持つ風味特性をクリーンな飲み心地のなかで表現するコーヒーです。爽やかで華やかな酸味特性をコーヒーの持つ甘味やフレーバーが高次元でバランスを保っているコーヒーで、何種類もの複雑なフレーバーからはコーヒーの可能性を感じワクワクしたりします。

生産者の方が心を込めて栽培した素晴らしいコーヒーを預かったロースターとして、品質を落とすことなくお客様に楽しんでいただくのが私たちの喜びであり、生産者の方へのお礼と考えております。

COE

焙煎について

コーヒー豆の声を聴く...。

焙煎という工程は、コーヒー豆の持つ風味特性を最大限に引き出す作業です。
職人のような世界で奥深く悩ましい作業なのですが、非常にシンプルな「コツ」は解っています。
それは「コーヒー豆の声を聴くこと...。」

コーヒー豆は生産地も違えば、品質、硬さ、大きさ、色など、まるで人間の個性のように多種多様です。
同じ農園から仕入れても昨年と今年の出来具合や、味や風味が違ったり全くと言っていいほど同じコーヒーは存在しないのです。
コーヒーと真摯に向き合い、焙煎中はコーヒー色や香りの変化を追いかけます。
火力のかけ方やタイミング、仕上がり状況は焙煎中のコーヒー豆がすべて教えてくれるのです。

仕上がったコーヒーの液体からまた声を聴きます...。「カッピング」というテイスティングの作業です。そのコーヒーが持つポテンシャルを引き出せたか、焙煎の良し悪しは、透明感のあるコーヒーか、客観的にコーヒーの品質と自分の焙煎を分析します。

多くの声を聴いて、お客様のもとへ。
コーヒーの品質をそのままに楽しんで頂ければ幸いです。

焙煎